風の陰陽師 四巻 さすらい風

タイトル:風の陰陽師(おんみょうじ) 四巻 さすらい風
著者:三田村 信行
出版社:ポプラ社
勝手に評価: 咲耶子(さくやこ)と 信太の森を
失い 傷ついた心を抱え
下総国(しもうさのくに)へ 向かう。

 下総国では 平将門が力をつけていた。
しかし 裏で操っていたのは 
藤原黒主(ふじわらの くろぬし)だった。

 とうとう 最終回で
黒主の正体、、なんとなく バレてるんだけどね。
清明の 結婚相手と未来、、など 
いろいろハッキリしてくる。

 あぁ もうっ
真比古(まひこ)が いじらしくて 泣けちゃうよ。
赤眉(せきび)は カッコイイ女なんだ。
    ☆☆☆☆


 

 

風の陰陽師(おんみょうじ) 三巻 うろつき鬼

タイトル:風の陰陽師(おんみょうじ)三巻 うろつき鬼
著者:三田村 信行
出版社:ポプラ社
勝手に評価: 藤原 黒主(ふじわらの くろぬし)は
怨霊朝廷(おんりょう ちょうてい)をたてて 
今の朝廷を 葬ろうと企てる。

 清明の母がいる 信太の森(しのだの もり)にも
危機が迫っていた。

 唐の国の崋山(かざん)から 追われてきた狐
玉藻の前(たまもの まえ)と 浜荻(はまおぎ)に
乗っ取られようとしていた。

 あんなに 可愛らしい
真比古と矢比古がぁ、、
あんまりだよ、、
   ☆☆☆☆

 

ロンド国物語 2巻 おとぎの森

タイトル:ロンド国物語 2巻 おとぎの森
著者・訳者:エミリー・ロッダ  神戸 万知
出版社:岩崎書店
勝手に評価: 青の王妃に連れ去られた
ミミの愛犬を取り戻すため 
レオと一緒に 冒険?に でかける。

 とても 息が合わない二人だけど 
がんばって 先へ進もうとする。

 ターラメイン族
目つきの悪い しゃべる鴨(カモ)
オオカミ退治の為に 農場で飼われている しゃべる豚など
一癖もふた癖もありそうな者が
次々と出てくる。
   ☆☆☆

アンティーク FUGA 2巻  双魂(そうこん)の精霊

タイトル:アンティーク FUGA 2巻 双魂(そうこん)の精霊
著者:あんびる やすこ
出版社:岩崎書店
勝手に評価: 一条 紗那(シャナイア)に 兄となってもらった
風雅(ふうが)は 2巻でも ハンサムだけど 現実ばなれした
シャナイアの人格? 性格?に 振り回される。

 柿右衛門の対の壷(つぼ)から
白衣の精霊と黒衣の精霊が あらわれる。

 壷は ふたつでも つくも神は
ひとりだけの はずなのに 
なぜ ふたりも いるのか?

 フランス料理のシェフ 三枝(さえぐさ)が
気になる。
 無事に 彼女が出来ますように。
       ☆☆☆

 

ももこの 21世紀日記 N’08

タイトル:ももこの 21世紀日記 N’08
著者:さくら ももこ
出版社:幻冬社
勝手に評価: 息子さんが もう中学生になってて
驚いた。

 まだ小学生くらいなのかと 思ってた。
早いもんだよ。年とるのは。

 この本で イチバン好きなのは
もくじ にある
2008年 の下の
ネズミの絵。

 プリティ♪
   ☆☆☆

アンティーク FUGA  1巻   我が名はシャナイア

タイトル:アンティーク FUGA 1巻 我が名はシャナイア
著者:あんびる やすこ
出版社:岩崎書店
勝手に評価: 風雅(ふうが)の両親が 
突然行方不明になって半年。

 偶然現れた セコイア杉の木霊シャナイアに
「一生に一度だけ使える願い」が かなう力で
兄となって 一緒に住んではしいと頼む。

 暴君のようでいて 優しい所もあるシャナイアと
不思議な力を持ち 危うげな所もある風雅。

 両親が見つかったら シャナイアとは
別れちゃうのかな。
      ☆☆☆

風の陰陽師(かぜの おんみょうじ)2巻   ねむり姫

タイトル:風の陰陽師(かぜの おんみょうじ)2巻
        ねむり姫
著者:三田村 信行
出版社:ポプラ社
勝手に評価: 平安京に 黒い雪が降った後
都に 闇が おとずれた。

 ニ星 天(にぼし てん)さんの挿絵が
可愛らしくて好き。

 清明も良いけど
真比古と矢比古が とてもカワイイ。
   ☆☆☆☆

ロンド国物語 1巻   オルゴールの秘密

タイトル:ロンド国物語 1巻 オルゴールの秘密
著者・訳者:エミリー・ロッダ  神戸 万知(ごうど まち)
出版社:岩崎書店
勝手に評価: オルゴールの決まりを 破ったレオとミミ。
(ネジを 3回以上巻いちゃったり 
音楽の途中で 動かしちゃったりして)

 オルゴールに描かれた絵の中へ
閉じ込められた犬のマットを 救うため
レオとミミも オルゴールの世界へ
飛び込んでいった。

 心配性のレオと すっとんきょうで頑固なミミ。

 絵本の世界のようで メルヘンっぽいけど
残酷な世界みたいな感じが チラッと見え隠れする
オルゴールの絵の中で 
ふたりは 助け合ったりできるのかな??
        ☆☆☆

テメレア戦記 2巻  翡翠(ひすい)の王座

タイトル:タメレア戦記 2巻  翡翠(ひすい)の王座
著者・訳者:ナオミ・ノヴィク  那波 かおり
出版社:ヴィレッジブックス
勝手に評価: 中国皇帝の兄 ヨンシン皇子は
高貴なる天の使い種(セレスチャル)ドラゴンである
テレメアを利用して 権力を得ようとする。

 テレメアの家族が 登場して
ローレンスとの絆が 揺れる様子にハラハラする。
    ☆☆☆☆
タグ:ドラゴン

魔術師 二コロ・マキャベリ

タイトル:魔術師 ニコロ・マキャベリ
著者・訳者:マイケル・スコット  橋本 恵
出版社:理論社
勝手に評価: 双子のソフィーとジョシュは 
パリで ダークエルダーに仕える
マキャベリとディーから ねらわれる。

 ソフィーの 目ざめの能力に嫉妬する
ジョシュは 敵対するエルダー族を頼って
目ざめの儀式を 行おうとする。

 双子が ニコラ・フラメルを
信用しなくなっていくのが 寂しい。

魔使いの戦い 上・下巻

タイトル:魔使いの戦い 上・下巻
著者・訳者:ジョゼフ・ディレイニー
      金原 瑞人  田中 亜希子
出版社:東京創元社
勝手に評価: 魔使い それは悪しき魔女や 霊にかかわるため
人々から嫌われてしまう 悲しい仕事である。

 魔使いの弟子になったトムには お母さんから受け継いだ
遺産のトランクがあった。

 そのトランクをねらって 
長兄ジャック一家の住む農場が 魔女達に教われ
ジャック一家が さらわれてしまう。

 毎回 命がけの戦いを経験するトム。
魔女みたいな格好をして 魔使いに毛嫌いされながらも
一生懸命トムを助ける アリス。

 ちょっとアリスの方が 強そうだけど
結構頼りになるトムが 頑張っている。☆☆☆

ドラゴンライダー 3巻 ブリジンガー 炎に誓う絆 上・下巻

タイトル:ドラゴンライダー 3巻
      ブリジンガー 炎に誓う絆 上・下巻
著者・訳者;クリストファー・パオリーニ
      おおしま 双恵(ふたえ)
出版社:ヴィレッジブックス
勝手に評価: サフィラとエラゴンの お互いを思いやる
優しさと 信頼する絆の強さが ステキなんだよね。

 ドラゴンとドラゴンライダーという
絶対的に強い存在の 2人。

 それでも いろいろな事に傷つきながら
支えあって生きていく姿が カッコイイ。
             ☆☆☆☆

ターニング・ポイント 2巻 ワールウィンド 運命の嵐

タイトル:ターニング・ポイント 2巻 
      ワールウィンド 運命の嵐
著者・訳者:デヴィット・クラス 金原 瑞人・西田 登
出版社:岩崎書店
勝手に評価: ファイヤーストームで 世界を救った
ジャック・ダニエルスン。 

 2巻では 愛する恋人 PJを救うため 
アマゾンへと向かい 敵に戦いを挑んで行く。

 帰ってきたよー!
よかったよ。ギスコが 戻ってくれてうれしい。
         ☆☆☆

ターニング・ポイント 1巻 ファイヤーストーム 神秘の光

タイトル:ターニング・ポイント 
     1巻 ファイヤーストーム 神秘の光
著者・訳者:デヴィッド・クラス 金原 瑞人(みずひと)・西田 登
出版社:岩崎書店
勝手に評価: 目立つ事がないように ごく普通の暮らしを
していたはずのジャック・ダニエルスン(高校3年生)が
フットボールの試合で 張り切ったらテレビに写ってしまった。

 それだけの事で 今までの人生が ひっくり返ってしまった。

 訳のわからない殺し屋に 狙われながらも
たくましく生き抜くジャックが カッコイイよ。

 ギスコとイコが 戻ってくると良いんだけどな。
               ☆☆☆☆






NO.6(ナンバー シックス) #7

タイトル:NO.6(ナンバー シックス) #7
著者:あさの あつこ
出版社:講談社
勝手に評価: NO.6内の 矯正施設・最上階に
とらわれている沙布(さふ)を助け出すため
紫苑(しおん)と ネズミは
命がけで 向かって行く。

 まわりくどい言い回しが
好きじゃないんだけどさ。

 それを抜きにしてさえも やっぱり面白い。
              ☆☆☆☆

世にも不幸なできごと 13巻 終わり

タイトル:世にも不幸なできごと 13巻 終わり
著者:レモニー・スニケット  訳者:宇佐川 晶子
出版社:草思社
勝手に評価: ボードレール家の 三姉弟妹たちと
オラフ伯爵との キッツイ戦い?
(一方的にやられっぱなし だったけど、、)
も やっと 終わろうとしている。

 悲しい裏切りが 続いたのに
くじけないで 周りの世界へ 溶け込もうとする
ボードレール三姉弟妹は 強く成長したと思う。
      ☆☆☆

 

 

たぶん最後の御挨拶


タイトル:たぶん最後の御挨拶(ごあいさつ)
著者:東野 圭吾
出版社:文芸春秋
勝手に評価: 表紙のネコに 惹かれて読んだら
思い出話し の本だった。

 「ネコ好き人間は ネコ関連グッズなら何でも欲しがる。」
と書いてあったが 
まさに 私も欲しがってしまった。
へへッ
  ☆☆☆

分身 

タイトル:分身
著者:東野 圭吾
出版社:集英社(文庫)
勝手に評価: 相変わらず 東野圭吾の本は 読みやすい。

 歳は違うのに まったく同じ容姿を持つ 他人の二人。

 双子でも 姉妹でもないとしたら
相手の女性は 自分の何なのか?

 いきなり現れた 自分と同じ存在。
そんな人がいたら 正直イヤだな。
      ☆☆☆

 

ルーンの子供たち デモニック 5巻(完)

タイトル:ルーンの子供たち デモニック 5巻(完)
著者・訳者:ジョン・ミンヒ 酒井 君二(くんじ)
出版社:宙(おおぞら)出版
勝手に評価: ランジエの耐えてきた人生が 辛すぎて
やっと出会えた 
ジョシュア
マキシミン
ルシアン
ボリス達と 仲良くなって
また違う生き方を 見つけて欲しいなと思う。
         
 この5巻で「デモニック」は完結する。
また新しいシリーズで 仲間たちに会えるはず。
ていうか 早く会いたいな。
      ☆☆☆☆☆

ルーンの子供たち デモニック 4巻

タイトル:ルーンの子供たち デモニック 4巻
著者・訳者:ジョン・ミンヒ  酒井 君二(くんじ)
出版社:宙(おおぞら)出版
勝手に評価: イブノアは ジョシュアの為に生きていたんだな。

 ジョシュアを憎むテオは 
ジョシュアを愛するイブノアを 愛したから
より憎しみを 増していったんだと思う。

 ジョシュアを生かすために
自分の命をかけると 決めた
イブノアの強さが カッコイイ。
          ☆☆☆☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。