トレマリスの歌術師  3巻 第十の力

タイトル:トレマリスの歌術師
      3巻 第十の力
著者・訳者:ケイト・コンスタブル 小竹 由加里
出版社:ポプラ社
勝手に評価: 砂漠の土地メリツロスに
<大いなる癒し>の術を施したカルウィンは
自らの歌術師としての力を 失ってしまう。

 自信を無くし 立ち直る勇気の出ない時って
 
懐かしい故郷に 帰りたくなるよね。

 頑張って戻った故郷が
終わらない冬と 歌術師に死をもたらす雪病に
見舞われ 愛する第一の巫女マーナさえ
雪病にかかって 苦しんでいるなんて!

 いつまでも 落ち込んでなんて
いられないじゃん。
    ☆☆☆
 
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。