カッコウの卵は誰のもの

タイトル:カッコウの卵は誰のもの
著者:東野 圭吾
出版社:光文社
勝手に評価: 娘は 自分と同じ 
スキーの才能がある。
と 思っていたのに

 自分の子ではないらしい。

 娘の両親は 誰?

 柚木(ゆずき)の推理が冴える。
 
 緋田(ひだ)の 娘を想う気持ちが 
痛々しい。
  ☆☆☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150263398
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。