クロニクル 千古の闇  6巻(完) 決戦のとき

タイトル:クロニクル 千古の闇
      6巻(完) 決戦のとき
著者・訳者:ミシェル・ペイヴァー  さくま ゆみこ
出版社:評論社
勝手に評価: 6000年前の 石器時代のころ
開けた森の南 幽霊山で トラクと
イオストラ(最強の魂食らい)の 
最後の戦いがはじまる。

 うまれつきの定めとして 
さまよい人と決まっているトラク。

 <聞く耳>オオカミの言葉が解り
 <生霊わたり>ができるトラクは 
恐れられてしまう存在であった。

 でも これからは レンと オオカミたちが
いつでも一緒にいるから もう大丈夫。
    ☆☆☆☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。