ヴァンパイレーツ 1巻 死の海賊船

タイトル:ヴァンパイレーツ
      1巻 死の海賊船
著者・訳者:ジャスティン・ソンパー
       海後 礼子(かいご れいこ)
出版社:岩崎書店
勝手に評価: 西暦2505年 大洪水が2回起こった後
世界中が 水浸しになり 海賊の時代が来た。

 灯台守をしてきた 父が亡くなり
身寄りのいなくなった双子(14才)
コナー・テンペスト スポーツ万能な男子
グレース・テンペスト 知的で とても賢い

 2人は ヨットで外海へ出たとたん
嵐にあい それぞれ違う船に 助けられる。

 海賊船と ヴァンパイレーツ船
どっちが マシだろう?
      ☆☆☆

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。