ルーンの子供たち デモニック 3巻

タイトル:ルーンの子供たち デモニック 3巻
著者・訳者:ジョン・ミンヒ  酒井 君二
出版社:宙(おおぞら)出版
勝手に評価: カルティカにいる ジョシュアの人形と
ペリウィンクル島に着いた ジョシュアたちに
分かれて 話しは進んでいく。

 ジョシュア(本体)の周りでは 幽霊が動き回り
恐い話しなのかというと そうでもなく
いろんな事がおきても たいていの問題は 
チャチャっと片付けてしまうから 
デモニックってすごいわ。
      ☆☆☆☆
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109556990
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。