ルーンの子供たち デモニック 1巻

タイトル:ルーンの子供たち デモニック 1巻
著者・訳者:ジョン・ミンヒ 酒井 君二(くんじ)
出版社:宙(おおぞら)出版
勝手に評価: デモニック(悪魔のような、魔力を持った、
天才的な)と呼ばれる少年 ジョシュア・フォン・アルニムは
孤独の中に生きてきた。

 デモニックであるがために 周りから うとまれ続けた
人生って寂しすぎるよ。

 ただ ジョシュアの波乱万丈な人生に登場した
マキシミンとリチェの二人が デモニックを相手にしても
あっけらかんとしていて 気に入った。
           ☆☆☆☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。