ルーンの子供たち 2巻  冬の剣  消えることのない血

タイトル:ルーンの子供たち 2巻 冬の剣  消えることのない血
著者・訳者:ジョン・ミンヒ 酒井 君二(くんじ)
出版社:宙(おおぞら)出版
勝手に評価: 結構 厚い本なんだけど 飽きないで
最後まで読みきれた。

 目まぐるしく変わる展開のまま 進んでいくから
ハラハラ・ドキドキしどうしで おもしろかった。
 
 ボリスは 強くなったなぁ。
イソレットは ナウプリオンを 許してあげられると
いいんだけどな。
      ☆☆☆☆

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。