アモス・ダラゴン 2巻 ブラハの鍵

タイトル:アモス・ダラゴン 2巻 ブラハの鍵
著者・訳者:ブリアン・ペロー 
        高野 優(監訳) 臼井 美子(訳)
出版社:竹書房
勝手に評価: 世界の善と悪の平衡(へいこう)を 取り戻す
「仮面を持つ者」となった 12才の少年
アモス・ダラゴンは 死者の国へ行く事になる。

 やっぱり死ななきゃ 死者の国へは行けないから
訳もわからず 殺される事になっちゃうから
たまらない。

 気の毒に。

 アモスのすごい所は 正義を通し抜く所だな。
    ☆☆☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。