流星の絆

タイトル:流星の絆
著者:東野 圭吾
出版社:講談社
勝手に評価: 両親を殺したのは 好きになった男の父親か?

 洋食屋を経営する彼の店の ハヤシライスは
殺された父が作る ハヤシライスの味と 同じだった。

 生き残った子供たち兄弟妹は 仲が良い。

 でも 詐欺師かなぁ?
なんで 犯罪者にしたんだろう。

なんで 店の自慢の味であるものを 売るかなぁ?
ちょっと 理解できない。
       ☆☆☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。